2020年5月2日 Studio koyaのはじまりについて


こんにちは。Studio koyaです。

今回はStudio koyaのはじまりについて少しブログに書けたらなと思っております。

Studio koyaは今年2020年の1月から運営をスタートしました。

まだ始まってから5ヶ月しか経っておりませんが、月に一度スタジオを開放して入場無料のOpen Dayを開催するなど、地元の人たちで賑わいを見せております。

またそこからの繋がりでバンドが出来て、練習でスタジオのご利用をして頂いたり、もちろん一般のお客様にもご利用頂いておりまして、Studio koyaの運営がスタートできたことを大変光栄に思っております。


そんなStudio koyaですが、元々は50年ほど前から「LSD」や「小屋」の愛称で地元の音楽家に長い間親しまれてきました。

管理人も高校生の頃、スタジオにはたくさんお世話になりました。

なんとスタジオの使用料は無料で、学生には嬉しい限りでした。文化祭や卒業ライブの前になると高校生バンドで賑わいよく音を鳴らしていました。


それからしばらくして、「LSD」にはもうほとんど人の出入りがありませんでした。
久しぶりに管理人さんに連絡をとると、現在他の場所に別の小屋「寺小屋」というスタジオがあるとのこと。
お伺いさせて頂いたところ、今はみんな「寺子屋」を使っていてもう小屋は維持費だけがかかっていて困っているとのこと。
そしてなんと突然、「もうあの小屋あげようか?」とも管理人さんが漏らしておりました。

それからしばらく考えた後、なんとかあのたくさんの思い出のつまった場所を再復活させたいという思いから、小屋を改装してスタジオをもっとたくさんの人に使ってもらえたらと思い立ち、管理人さんへスタジオを引継ぎさせて頂けないかと提案。あっさり快諾していただくことができて、改装がスタートしました。

改装は2019年の夏から始まりました。
今思えばとても懐かしいです。

昔よくスタジオで一緒に音を鳴らした仲間に呼び掛けたところ、大変ありがたい支援があったり、
当スタジオの運営の一部を担っているhonmachi93の中での人の繋がりから、本当にありがたいことに、たくさんの人に改装を手伝ってもらいました。

元々小屋の運営は、小屋を利用していた人たちが、夏祭りの出演などのギャラで担ってきたそうで、またアンプなどの機材なども、いろんな人たちが持ち寄ったものだそうです。
そんな、人の繋がりで運営されてきた場所が、またこうしてたくさんの人の協力のもと、新たなスタートをきれたのだと思うと、とても感慨深いです。

そうして生まれ変わったスタジオが「Studio koya」でございます。
Studio koyaはこれから、八日市でどんな歴史を刻んでいくのか、とても楽しみです。
管理人も、スタジオを運営するにあたって、どうすればもっと良いスタジオになるかなあ、と色々と考えております。
今年中に、さっそく新たな動きや試みを見せられるといいなあと思いながら、日々スタジオの運営に取り組んでおります。

皆様に暖かく見守っていただけるスタジオであるように精進いたしますので、どうぞこれからStudio koyaをよろしくお願いします。


Studio koya

記事一覧へ